今から習慣付けてみよう

子供が賢く育つコツを知る

本を読む習慣がおすすめ

子供を賢く育てるために、本を読む習慣を身に付けさせるのが良い方法です。
毎日読み聞かせをしていれば、自然と自分から本を読むようになります。
幼い子供は絵本で良いですが、字が読めるようになったらマンガではなく、きちんとした文章の載っている本を読ませてください。
すると想像力を養えます。

想像力を持っていると、人との関わり方が分かります。
何をしたら相手が喜ぶのか、逆に嫌だと感じるのか自分で考えることで、周囲の人と円滑なコミュニケーションを取れるでしょう。
想像力を持っていないと、どんなコミュニケーションを取れば良いのか分からないので上手く人と関われません、
それでは、孤独な人生を歩むことになります。
読書をさせて、想像力を鍛えましょう。

国語の能力を高める

学校に入学すれば、必ず授業に国語が含まれています。
読書をしていると、教科書の内容を簡単に理解できるので国語の成績が良くなるメリットがあります。
登場人物の心情を問われる問題が多く出題されますが、読書をして想像力を養っていればすぐに分かります。
国語の能力を高めることに繋がるので、読書は非常におすすめの習慣です。

作文を書くのが苦手な子供が見られますが、幼い頃から読書をして語彙力を高めていれば、そんな結果にはなりません。
学校に通っていれば、作文が宿題になる機会が多いです。
作文を苦手に感じていると、スムーズに宿題と進めることができません。
招来のことまで考えて、読書を習慣にするのがおすすめです。
親子で読書の時間を設けても良いですね。

TOPへ戻る